コミュ障の克服術

コミュ障だから出世できない?そんな悩みは今日でおしまい!

エンジニアが年収を増やす出世の会話術

技術者として年収を増やすためには、上位の管理職の仕事に就くことが必要となる。人の上に立ち、指揮をとるような重要な仕事に就くことができるようになれば、自然と収入は増やすことができる。

しかし、管理職としての働き方を目指すとなると、エンジニアとしての技術力以外の能力についても、同時に伸ばしていかなければならない。エンジニアは、コミュニケーションを苦手としている人が多い傾向にある。開発チームの中で、エンジニアの一人として働くのであれば、技術力が優先される。しかし、人の上に立って、全体的な視点から開発チームを率いる立場となると、チームメンバーとのコミュニケーションがどうしても欠かせない。

うまくスタッフと情報の共有が出来ていなければ、開発途上で不測の事態が起きやすい。開発チームの管理職となると、チーム全体のことを把握しておかなければならない。そのため、会話術やチーム全体へ気配りする能力が、重要視される。しかし、人との会話が苦手という技術者でも、適切な教育を受ければ克服することが可能である。会話が苦手という人物は、単に基本的なノウハウを知らないというだけである事が多い。

他人との会話は、コツを知り経験を積み重ねていくことで、上手くこなすことができる。そのため、人との会話が苦手であるからといって、管理職の仕事を諦める必要はない。実力に応じて責任ある仕事に就き、年収を増やしていくことは可能である。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *