コミュ障の克服術

コミュ障だから出世できない?そんな悩みは今日でおしまい!

エンジニアの業務の一つである会議での対話

開発プロジェクトでは、ルールに従って開発スタッフが仕事に従事する必要がある。開発に基準が定められることにより、複数のエンジニアが関わっても、統一性を確保することができる。しかし、ルールは必ずしも全てを厳密に定義することはできない。どこかに曖昧な部分を残しているため、すれ違いが生じる恐れがある。

そこで、エンジニア同士のコミュニケーションを取ることが、トラブル回避のためのきっかけとなる。エンジニアの業務内容の中で、意見交換などコミュニケーションを取る場であるのが、会議である。会議では、開発に参加しているスタッフが集まって、開発状況の現状報告や課題解決のための話し合いが行われる。

もし会議の途中で技術者の意見に食い違いがあれば、その場で互いの相違が存在することを知ることができる。開発プロジェクトに具体的なトラブルが生じる前に、認識の不一致の解消が可能となる。ただし、開発スタッフ同士で意思疎通を図るための会議は、その目的をはっきりさせなければならない。スタッフが集まって単に意見を交換しているだけでは、会議を行う事の意義が損なわれてしまう。

なぜ会議を開くのかを意識し、必要最小限の情報交換だけでも、必要な話し合いの成果が得られるよう心がけると、開発スケジュールの時間を上手に利用できる。開発力の高いチームは、会議のための必要最小の時間を使って、密度の濃いコミュニケーションを行っている傾向がある。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *