コミュ障の克服術

コミュ障だから出世できない?そんな悩みは今日でおしまい!

他のエンジニアとの情報交換でスキルアップ

エンジニアは、技術力が仕事の能力に直結する。開発能力が高いほど、多くの職場で活躍できる可能性を持っている。それだけに、技術者たちは常にスキルアップに余念がない。

スキル向上に強い関心を持っているエンジニアには、成長の将来性が十分にある。エンジニアにとってスキルアップができる手掛かりとなるのは、技術者同士のコミュニケーションである。新しい技術について、技術者同士が互いにコミュニケーションを行えば、有益な情報を共有することができる。

一般的には、同じ職場の技術者同士で、頻繁に情報交換が行われる。しかし、同じ労働環境にある技術者は、有している情報も互いに似通っている場合が多い。そのため、目新しい技術の獲得にはむいていない。さらに向上心を持って、情報交換によるスキルアップを図るのであれば、外の世界にも目を向けることが大切である。同じ職場に関わらず、業界全体の技術者たちと、情報交換のための交流を積極的に取る意欲が必要となる。

他の技術者が集まる機会としては、業界で定期的に開かれている会議や見本市、展示会などがある。このような機会を利用して、他の職場の技術者と積極的にコミュニケーションを行う取り組みを続けていけば、確実なスキルアップを図ることができる。新しい他の技術者との出会いは、スキルアップのモチベーション向上にも適している。このような手間隙をかけてスキルを向上させる技術者には、大きな将来性がある。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *