コミュ障の克服術

コミュ障だから出世できない?そんな悩みは今日でおしまい!

技術者として優れた開発エンジニアの管理職

開発プロジェクトでは、チームとして複数のエンジニアが関わることになる。開発プロジェクトを成功に導くための重要な役割を持つのが、管理職である。マネージメントを担う役割を持ったスタッフは、チームスタッフが能力を活かして仕事ができるよう配慮を行なう。開発プロジェクトは、開発技術者たちの連携が取れるかどうかに、大きくかかわってくる。しかし、開発技術に自身を持つ優れた技術者であるほど個性が強く、協調性については厳しいものがある。そこで、管理職のエンジニアが、スタッフ同士のコミュニケーションを促すことにより、チーム内に生じがちな人間関係のトラブルを未然に防ぐ役割を担う。このようなマネージメントの仕事をこなすためには、各開発スタッフについて、人間性や開発能力を正確に見極める能力が必要である。そのためにも、開発プロジェクトのマネージメントを行う管理職のエンジニアは、開発技術者としても優秀でなければならない。開発プロジェクトについて、誰よりも詳しく知っているからこそ、各スタッフの適切な割り当てを決めることができる。一般的に、開発プロジェクトのマネージメントを任されるような技術者は、業界で多くのキャリアや開発経験を積み、技術者として優れた人物である事が多い。開発チームに所属する技術者たちが、それぞれに尊敬を持って接することができる管理職の技術者であるからこそ、チーム内でのコミュニケーションもうまくいく。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *